top of page

第3回シラバスコンクール
受賞作品

受賞者の皆さま、おめでとうございます!!

 2024年5月19日(日)第3回表彰式を無事に終えることができました。この度の開催に際しましてご協力いただきました皆様、誠にありがとうございました。​

 さて、第3回シラバスコンクールのトピックスは、なんと言っても「夢のシラバス賞」初選出です。学生と専門家の双方から高い評価を得た「食文化の理解」は、学習者が「学ぶ楽しさ」と「成長できる喜び」を具体的に想像できる、作者の思いが細部にまで行き届いている逸品でした。

 現在の高等教育の現場は、従来の高校新卒入学者に加え、外国人留学生や社会人経験をお持ちの方など多様な方々が共に学び合う、まさに社会(職場)の縮図のような環境にあります。そのような国(人種)や年齢、性の違いを超えて、学生が等しく学び合うテーマとして、まさに生活の中心である「食文化」は、多くの示唆に富んだ学習の機会となることを、受賞作を通して再認識できました。

 納得のシラバス賞を受賞した「障害者の理解と支援」は、介護福祉=高齢者といった偏った感覚に陥りそうになる、ややバランスを欠く現在の介護福祉士養成過程において、障がい者支援(すべての人が、共に希望を持って暮らせる共生社会の実現)を基軸にという思いが全篇に溢れる、骨太な味わい深い作品です。

​ 憧れのシラバス賞を受賞した「医療的ケアの理解」は、学生が「難しくて怖い」とやや敬遠しがちな内容を、具体的に、丁寧に、一歩一歩学びを積み重ねることで、「なんか難しくて怖い〜」から「私が責任を持ってやらなきゃ!」へと成長の階段を歩む学生の姿が想像できる作品でした。

 今回の受賞作品も、是非多くの方に鑑賞していただきたい作品です。そしてこのシラバスコンクールが、教員“同志”お互いに学び合い発展していくきっかけとして更に成長できるよう、次回第4回目の開催に向けて準備を始めたいと思います。

皆様のご参加、心よりお待ち申し上げます。           事務局:松田朗

シラバス2.png
​夢のシラバス賞
​桑原恵利さん
シラバス1.png
​納得のシラバス賞
​長谷部裕美さん
シラバス3.png
​憧れのシラバス賞
​西川晃代さん
bottom of page